So-net無料ブログ作成

鳩山首相、小沢氏との距離否定=「これからは頻繁に会う」(時事通信)

 「メディアの皆さんが、幹事長と私が遠いんじゃないかと話している。そうではないと実際に示すことが大事だ」。鳩山由紀夫首相は2日夜、民主党の小沢一郎幹事長との関係について記者団にこう語り、小沢氏と距離を置きつつあるとの見方を強く否定した。
 首相と小沢氏との会談は先月8日以来、ほぼ3週間ぶり。首相は「これからは昼でも夜でも頻繁に会いましょう、と申し合わせた」と強調。同席した平野博文官房長官によると、小沢氏は冗談交じりに「毎日でもいい」と応じたという。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

鈴木宗男氏の訪露で調整(産経新聞)
大西洋クロマグロ、ワシントン条約で禁輸の危機(読売新聞)
津波警報に切り替え=大津波警報の東北3県−気象庁(時事通信)
船形山遭難事故 男女3人が自力下山(産経新聞)
引きずり死初公判 殺人罪の適用例少なく(産経新聞)

全国の書店を横断的に検索 「本屋の歩き方」4月1日に開設(産経新聞)

 全国各地の書店を、さまざまな条件で検索できる初めてのサイト「本屋の歩き方」が4月1日、開設される。これまでも大手書店が個別に開設するサイトはあったが、地図や条件で横断的に探せるサイトの開設は初めて。国民読書年の今年、本探しや本屋巡りの強力なサポーターになってくれそうだ。

 「本屋の歩き方」を開設するのは、凸版印刷(東京都千代田区)。本屋をエンジョイするという喜びを表す造語「ほんじょび」をキーワードに、書店での読者と本との出合いづくりを進めたい考えだ。

 サイトの目玉となる「本屋ナビ」は、書店の特徴や、例えば「料理」「鉄道」など欲しい本のキーワードを入力すると、そうした本に強い書店一覧にヒット。そこからユーザーが興味の沸く書店名をクリックすると、書式を統一した各店舗ページに飛び、住所や地図、電話番号、店舗写真などの基本情報に加え、条件検索に連動した店舗の特徴や、近々のイベント情報などが見られる仕組みだ。

 さらに地図情報サイト「マピオン」と連動した地図検索や、「駐車場あり」「文具あり」などのサービス検索、住所や駅名、店舗名での検索も可能。携帯電話での同サイト運営も始める方針だ。

 凸版は国内約360社2万店が参加し、月間6千万ページビューを稼ぐ電子チラシのトップサイト「Shufoo!(シュフー)」運営の実績もあり、そのノウハウを書店にも生かしたい考え。書店情報は「シュフー」にもアップされる。

 同社の大湊満常務は「もう一度、本の面白さと書店の魅力を知る窓口になればいい。ウェブから実際の店舗への誘導を、出版界でもしたい」と話しており、全国の書店や出版社、取次各社などに協力や情報提供を呼びかけているという。

 サイトは3月1日にプレオープンし、4月から「本屋ナビ」のほか、個性的な書店を紹介する「発見!あなたの街の○○な本屋」や、読者や書店員などが人生におけるベスト本を紹介する「1000人に聞いたオススメ本」、本にまつわるユーザー参加型ツイッター「ほんじょびったー」などが順次、開設予定。「本屋の歩き方」は(http://hon−aru.jp)。(飯塚友子)

【関連記事】
「黒船襲来」膨らむ米電子書籍市場の熱狂
「人民の敵」人気沸騰? 中国で蒋介石ブームの謎
理想でいっぱい 首相の本棚
返品なき書店へ 丸善などのCHIグループ設立
読む+遊ぶ+使う=売れる ムック本「付録」進化中 たいやき・遺言書…

「憎まれるのはオレ1人でいい」 民主の渡部氏が小沢氏批判を抑制(産経新聞)
男を恐喝未遂罪で起訴=母娘連れ回し事件−広島地検(時事通信)
<名古屋市>「緑地保存地域」導入へ、新年度にも指定(毎日新聞)
<船形山遭難>「判断に甘さあった」救助された男性(毎日新聞)
<掘り出しニュース>第二の人生スタート祝い「かがやき熟年式」(毎日新聞)

民主・小林氏「申し訳ない」進退明言せず(読売新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)は2日、国会内で記者団に対し、自らの陣営を巡る政治資金規正法違反事件で北海道教職員組合(北教組)幹部らが逮捕されたことについて「大変遺憾だ。選挙で応援してくれた多くの方に本当に申し訳ない」と陳謝した。

 野党から議員辞職を求める声が出ていることについては「逮捕状の内容をしっかりと確認をするのが先だ。今後の進展を見守りたい」と述べ、進退についての明言を避けた。

 一方、同党の小沢幹事長は国会内で記者団に、小林氏の進退について「政治家は有権者によって選ばれた。そのことを踏まえ、本人自ら決めるべきだ」と述べた。

高校無償化法案が審議入りへ=民主のマニフェスト施策−衆院(時事通信)
山本病院事件“共犯”医師、留置場内で病死か(産経新聞)
過去の雪渓崩落事故、データベース化…新潟大(読売新聞)
各地で今年の最高気温、4月上旬から中旬の陽気(読売新聞)
「土地登記ミスで10倍課税」=差額支払い求め、男性提訴−新潟地裁(時事通信)

鳥取選出・石破氏「チベット発言」に怒る(読売新聞)

 自民党の石破政調会長(衆院鳥取1区)は23日、民主党の石井一選挙対策委員長が「鳥取県とか島根県は日本のチベットみたいなもの。人が住んでいるのか」などと発言したことについて、党本部で記者団を前に、「両県とチベットにとって極めて侮辱的だ。思い上がった発言で、謝罪のうえ、撤回すべきだ」と批判した。

沖縄で震度5弱(時事通信)
海渡くん虐待死の継父、静岡で強盗事件…再逮捕(読売新聞)
リコール中の三洋テレビで重傷事故=持ち手外れ落下、58件−消費者庁(時事通信)
「撮り鉄」の“脱線”問題 大阪府警が捜査へ(産経新聞)
大麻の摘発、過去最多=「国内生産」比重高まる−覚せい剤は密輸が激増・警察庁(時事通信)

<裁判員裁判>鳥取強殺公判 裁判員が被告の妻に質問(毎日新聞)

 鳥取県米子市で起きた強盗殺人事件を巡る鳥取地裁(小倉哲浩裁判長)の裁判員裁判は2日目の24日も証人尋問があり、裁判員2人が質問した。初めて被告人質問も行われたが裁判員の発言の機会はなかった。被告人質問は25日も行われる。

 この日の証人は、弁護側が、被害者の石谷英夫さん(当時82歳)の税理士事務所で経理を担当していた女性ら3人。検察側は影山博司被告(55)の妻。

 元経理担当の女性は、被告が石谷さんに怒鳴られる姿をたびたび目撃したなどと述べ、被告のために嘆願書を提出しようと元同僚らと話していると明かした。被告は女性の言葉を聞きハンカチで目元をぬぐった。

 傍聴席から見て右から3番目の男性裁判員は女性に「普段から(被告は)石谷さんの自宅に出入りできたのか」などと質問。被告の妻に対しては右端の女性裁判員が「被告が給料をもらえていなかったのは知っていたか」と尋ね、妻は「事件後に初めて知った」と答えた。

 被告人質問では、事件の動機を弁護人に聞かれた被告が「精神的に追いつめられた状態を逃れたい、その一心でやった」と述べ、強盗目的を改めて否定した。

【関連ニュース】
裁判員裁判:凶器の工具など証拠品確認 鳥取の強盗殺人
裁判員裁判:米子強殺で初公判 被告、殺害認め強盗は否認
裁判員裁判:死刑反対で候補者辞退も 米子の強殺事件
裁判員裁判:初の死刑求刑の可能性 強盗殺人で鳥取地裁
’10裁判員:鳥取・米子の強盗殺人 証人に質問−−初公判

郵便不正の上村被告「検事に圧迫受け反省文」(読売新聞)
瓶で殴り浴槽に沈め女性殺害、借金男を逮捕(読売新聞)
東アジアの文化交流推進=鳩山首相(時事通信)
五輪フィギュア 高橋、底力出し切る 万感、顔おおい(毎日新聞)
「小沢幹事長は5月辞任」と大胆予想 中田氏(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。