So-net無料ブログ作成
検索選択

<海上自衛隊>インド洋での給油活動が終了(毎日新聞)

 海上自衛隊によるインド洋での給油活動は、16日午前0時に新テロ対策特別措置法が失効し、終了した。01年の米同時多発テロ以降「テロとの戦い」の一環として行われてきた約8年間の活動が幕を閉じた。

 北沢俊美防衛相は15日午前に撤退命令を出し、現地の部隊指揮官の酒井良・1等海佐とテレビ電話で会談。「国際社会の平和と安定に資する活動をしてきた皆さんは国民の誇り」と労をねぎらった。午後にはインド洋で、海自の護衛艦「いかづち」(乗員約190人)が護衛する中、補給艦「ましゅう」(乗員約150人)がパキスタン艦艇に最後の洋上給油を実施した。

 01年12月から中断を挟んで約8年間の活動中、米英など12カ国に939回、約51万キロリットル(昨年10月末現在で約244億円)を給油した。艦艇延べ73隻、延べ約1万3000人を派遣した。【樋岡徹也】

【関連ニュース
北沢防衛相:インド洋撤退命令 給油活動終了
防衛省:友愛ボートに海自輸送艦「おおすみ」検討
海自インド洋給油:きょう撤退 テロ情報共有、困難に 「国益を損なう」防衛省が懸念
海自インド洋給油:延長法案、自民党総務会が了承
海自インド洋給油:防衛相、撤退命令 8年の活動終了

名護市長選、普天間に影響も=鳩山首相(時事通信)
巨大祭祀施設の塀跡出土 御所市の秋津遺跡(産経新聞)
【中医協】入基料の減算特例、奄美や小笠原諸島などに容認へ(医療介護CBニュース)
<定額給付金>「消費」64.5%…内閣府調査(毎日新聞)
張り切る輿石幹事長代行 小沢氏擁護に東奔西走(産経新聞)

センター試験、大雪で北大など1時間繰り下げ(読売新聞)

 17日に2日目を迎えた大学入試センター試験で、北海道大、北海道教育大、北海学園大など札幌市、江別市内の北海道内の7大学8会場で、大雪によるJRやバスなどの交通機関の乱れで、試験開始時間を1時間繰り下げる措置がとられた。

 この日の札幌市内は、午前3時過ぎから大雪に見舞われ、午前9時には64センチの積雪が記録された。JR北海道によると、午前10時50分までに運休が84本あり、千歳線や函館線で大幅にダイヤが乱れた。このため、北大などが大学入試センターと協議して、繰り下げを決定した。

子ども手当など61法案を提出へ 通常国会で政府(産経新聞)
「パン、パン」と5、6発=周辺血まみれ、倒れる男−「助けて」と悲鳴・大阪(時事通信)
歌会始 「光」を題に、皇居・宮殿で(毎日新聞)
野党、首相の資質問う声 検察批判同調「軽率だ」(産経新聞)
<陸山会土地購入>水谷建設社長が辞任 「健康上の理由」(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。