So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

小沢氏聴取、土地代原資の不自然説明追及へ(読売新聞)

 自らの資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、きょう東京地検特捜部の事情聴取を受ける民主党の小沢一郎幹事長。

 政治資金収支報告書に記載されなかった土地代金の原資の4億円について、「不正な金は使っていない」と語り、「ウソの報告は一切ない」と身の潔白を主張してきた。

 特捜部は、小沢氏側の原資の説明には不自然な点があるとみており、事情聴取の際にただす方針だ。

 ◆原資の4億円

 陸山会が東京都世田谷区深沢の476平方メートルの宅地を購入したのは、2004年10月。土地代金や手数料など計約3億5200万円の原資となったのが、同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)が「小沢先生から現金で受け取った」と特捜部に供述している4億円だ。

 「小沢先生のタンス預金だった」。石川容疑者は4億円についてそう供述している。小沢氏側の弁護士は、小沢氏が父親からもらった金を妻や子の名義で信託銀行に積み立てていたが、1997年に約3億円、01年に6000万円を引き出し、個人事務所などに現金で保管していたと説明している。

 小沢氏は、特捜部に対し銀行口座などの照会に返答したことを党大会で明らかにし、「疑いは晴れたと思っている」と述べている。しかし、父親が死去したのは68年で40年以上も前のうえに、世田谷区の土地購入は、約3億円を信託銀行から引き出した時期から7年後。土地代金に充てた4億円とのつながりがはっきりしないと、特捜部はみている。

 小沢氏側の弁護士によると、信託銀行に積み立てられていた資金は小沢氏のもので、妻や子の名義にした理由について、小沢氏は「(自分の身に)万が一何かがあったときのために分けておいた」と話しているという。

 しかし、93年以降の小沢氏の資産報告書には、「預金・貯金・郵便貯金・金銭信託」の項目はいずれも「該当なし」と記載されている。普通預金などは記載しなくてもいいが、「信託銀行に積み立てていた」資金が利息の低い普通預金であることは考えにくい。

 ◆定期預金の4億円

 土地代金を支払った日の午後、陸山会は新たに4億円の定期預金を組み、これを担保に銀行から4億円の融資を受けていた。この融資手続きには小沢氏自身が署名するなど関与している。

 この点について、石川容疑者は特捜部の調べに、「以前から陸山会で土地を買うときは、定期預金を担保に融資を受けていたため、思わず借りてしまった」と説明している。

 しかし、融資の返済に伴う利子の支払額は、預金で得られる利息額を上回り、同会は約450万円の損失を出していた。特捜部はこの融資が、簿外の現金4億円を土地代金に充てたことを隠すための偽装工作だったとの見方を強めており、なぜ、小沢氏が土地代金を自己資金で用意したとしながら、同会が融資を受けようとしたのか、明快な説明を求めるとみられる。

アキバの安全・安心を、街頭に防犯カメラ16台(読売新聞)
靴下フェチ男、300足ドロ!「下着には興味ない」(スポーツ報知)
検察側冒頭陳述(上)「大事件起こして捕まれば人生終わり」 秋葉原殺傷初公判(産経新聞)
四つの翼を広げて滑空=小型羽毛恐竜の模型で実験−鳥類飛行の起源か・米中チーム(時事通信)
<観光ガイド>iPhoneかざすと史跡情報表示−−岐阜県と関ケ原町(毎日新聞)

千葉大生殺害 窃盗容疑で男再逮捕、カードで現金引き出す(毎日新聞)

 千葉県松戸市のマンションで昨年10月、千葉大4年、荻野友花里さん(当時21歳)が殺害され自室が放火された事件で、県警松戸署捜査本部は27日、荻野さんのキャッシュカードで現金を引き出し盗んだとして、住所不定、無職、竪山(たてやま)辰美被告(48)=強盗強姦(ごうかん)未遂罪などで起訴=を窃盗などの疑いで再逮捕した。竪山容疑者はこれまで別の女性への強盗傷害容疑などで3回逮捕されたが、荻野さんに絡む容疑での逮捕は初めて。

 逮捕容疑は、昨年10月21日午後1時半から同2時15分にかけて、JR松戸駅周辺のATM(現金自動受払機)から荻野さんのカードで現金を引き出し、盗んだなどとしている。

 捜査関係者などによると、竪山容疑者は同日荻野さんを包丁で刺し、翌22日、現場に戻って放火したことを認める上申書を提出している。

【関連ニュース】
千葉大生殺害:遺体のストッキングから無職男のDNA型
松戸女子大生殺害:ATMの男27日にも再逮捕 窃盗容疑
千葉大生殺害:「放火し窓から逃げた」ATMの男供述
千葉大生殺害:ATMの男、関与認める上申書
千葉大生殺害:ATMの男を再逮捕へ 発見の包丁に血

自民党大会 「再生の道筋」示せず 定年制は先送り(毎日新聞)
第三者組織の「目的と特性」「権能」など了承−薬害肝炎WG(医療介護CBニュース)
小沢氏疑惑 閣僚反応 前原「事情聴取応諾は大変結構」(産経新聞)
東西本願寺、並んで協力要請 親鸞750回遠忌法要で市長に(産経新聞)
<綾部市長選>前市理事の山崎善也氏が初当選(毎日新聞)

つかこうへい氏 肺がんで入院、「飛龍伝」は上演へ(毎日新聞)

 劇作家のつかこうへい氏(61)が25日、肺がんのため入院していることを公表した。「抗がん剤投与の治療中」という。つか氏作・演出の「飛龍伝 2010ラストプリンセス」は予定通り、2月3日から東京・新橋演舞場で上演される。

 つか氏は、主宰する劇団と業務提携している会社を通し、「毎日けいこのビデオを病院に持ってきてもらい、指示をしておりました」というコメントを出した。

【関連ニュース】
がん細胞:悪性化の仕組み判明 群馬大
間寛平さん:前立腺がんと判明 「アースマラソン」は継続
小澤征爾さん:6月まで公演中止 食道がん治療で
名古屋市長:「がん施設」建設へ…損害賠償金無視できず
既往歴:内容で不採用の企業存在 厚労省研究班調査で判明

ティンカーベルに警告=子供服の原材料など誤表示−消費者庁(時事通信)
発見遺体は不明女性=中国人男ら遺棄容疑で逮捕へ−兵庫県警(時事通信)
<篠山紀信氏>公然わいせつ容疑で書類送検 路上で裸体撮影(毎日新聞)
国民新党が総務省に通告「参政権法案は厳しい」(産経新聞)
<小沢幹事長>23日に任意聴取…終了後「国民向け」声明へ(毎日新聞)

元検事「全証拠検討した」=「無実の罪着せた」と菅家さん(時事通信)

 足利事件の再審公判で、22日午後に行われた森川大司元検事の証人尋問。菅家利和さん(63)が立ち上がり、「わたしに無実の罪を着せたことに謝ってください」と謝罪を迫った。元検事は「厳粛に、深刻に受け止めている」と述べたが、冒頭に謝罪の言葉はなかった。
 立ち上がった菅家さんは険しい表情で、「17年半もの間、無実の罪で捕まってきました。あなたはこのことをどう思いますか」と質問。証言台の前のいすに座った森川元検事は「主任検事として全証拠を検討し、犯人なのは間違いないと思って起訴し、公判に臨んだ。その後のDNA型鑑定で犯人でないことが判明し、非常に深刻に受け止めているところであります」と述べた。 

<阪神大震災>犠牲者追悼で「灯のつどい」 東京で開催(毎日新聞)
長崎・漁船不明 海底の船の映像、不明者家族らに公開(毎日新聞)
<心臓手術>大動脈のつなぎ直し手術成功 岩手医大が国内初(毎日新聞)
小沢氏聴取「できるだけ早く」=鳩山首相(時事通信)
<原口総務相>「関係者によると」発言…介入意図はない(毎日新聞)

「殴られ殺害されていた」と容疑者供述 神戸の女性死体遺棄(産経新聞)

 京都府綾部市の山中で、神戸市中央区の語学学校アルバイト講師、今滝愛さん(33)とみられる遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された中西龍司容疑者(41)が、「今滝さんは殴られて殺害されていた」と供述していることが23日、捜査関係者への取材で分かった。兵庫県警葺合署捜査本部は、遺体の遺棄を指示したとみられ、同容疑で逮捕状の出ている中国籍の男(41)が殺害にも関与している可能性が高いとみている。

 捜査関係者によると、中西容疑者と同容疑で逮捕状が出ている無職の男(37)は、平成20年10月末〜11月上旬、中国籍の男に神戸市兵庫区の雑居ビル一室に呼び出された。その際、室内に今滝さんとみられる女性の遺体があり、激しく殴られたような痕があったという。

 また、今滝さんのマンションの防犯カメラの映像を分析したところ、捜索願が出される前日の20年10月30日未明、帰宅直後に外出していたことが判明。外出後は、タクシーで長時間移動していたことも新たに分かった。

 捜査本部は、今滝さんが何者かに呼び出されるなどして外出した後、最終的に兵庫区内のビルに行き、中国籍の男と接触したとみており、交友関係や行方不明になる前後の行動などについて捜査している。

【関連記事】
神戸の女性不明 大阪の男「頼まれ遺体捨てた」京都の山林捜索
供述通り山中に遺体 死体遺棄容疑で出頭の男を逮捕 兵庫県警
「死んでびっくりした」元会社社長の死体遺棄で無職の男
東京・新宿の真冬の怪 排水溝から男性遺体見つかるも… 「におわない」事件性
香川・年配女性の切断遺体、年末年始休業中に遺棄か

大久保容疑者の公判期日、すべて取り消し 捜査継続で3者合意(産経新聞)
替え玉殺人事件で尹被告、検察を批判 結審、28日に判決(産経新聞)
28日に介護ロボットの実演会―全国老施協が市民フォーラム(医療介護CBニュース)
衆院 代表質問で与野党が激しいヤジ合戦 あきれる声も(毎日新聞)
検察批判会合への政務官出席 官房長官「政府と一体なら不適当」 (産経新聞)

<海上自衛隊>インド洋での給油活動が終了(毎日新聞)

 海上自衛隊によるインド洋での給油活動は、16日午前0時に新テロ対策特別措置法が失効し、終了した。01年の米同時多発テロ以降「テロとの戦い」の一環として行われてきた約8年間の活動が幕を閉じた。

 北沢俊美防衛相は15日午前に撤退命令を出し、現地の部隊指揮官の酒井良・1等海佐とテレビ電話で会談。「国際社会の平和と安定に資する活動をしてきた皆さんは国民の誇り」と労をねぎらった。午後にはインド洋で、海自の護衛艦「いかづち」(乗員約190人)が護衛する中、補給艦「ましゅう」(乗員約150人)がパキスタン艦艇に最後の洋上給油を実施した。

 01年12月から中断を挟んで約8年間の活動中、米英など12カ国に939回、約51万キロリットル(昨年10月末現在で約244億円)を給油した。艦艇延べ73隻、延べ約1万3000人を派遣した。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
北沢防衛相:インド洋撤退命令 給油活動終了
防衛省:友愛ボートに海自輸送艦「おおすみ」検討
海自インド洋給油:きょう撤退 テロ情報共有、困難に 「国益を損なう」防衛省が懸念
海自インド洋給油:延長法案、自民党総務会が了承
海自インド洋給油:防衛相、撤退命令 8年の活動終了

名護市長選、普天間に影響も=鳩山首相(時事通信)
巨大祭祀施設の塀跡出土 御所市の秋津遺跡(産経新聞)
【中医協】入基料の減算特例、奄美や小笠原諸島などに容認へ(医療介護CBニュース)
<定額給付金>「消費」64.5%…内閣府調査(毎日新聞)
張り切る輿石幹事長代行 小沢氏擁護に東奔西走(産経新聞)

センター試験、大雪で北大など1時間繰り下げ(読売新聞)

 17日に2日目を迎えた大学入試センター試験で、北海道大、北海道教育大、北海学園大など札幌市、江別市内の北海道内の7大学8会場で、大雪によるJRやバスなどの交通機関の乱れで、試験開始時間を1時間繰り下げる措置がとられた。

 この日の札幌市内は、午前3時過ぎから大雪に見舞われ、午前9時には64センチの積雪が記録された。JR北海道によると、午前10時50分までに運休が84本あり、千歳線や函館線で大幅にダイヤが乱れた。このため、北大などが大学入試センターと協議して、繰り下げを決定した。

子ども手当など61法案を提出へ 通常国会で政府(産経新聞)
「パン、パン」と5、6発=周辺血まみれ、倒れる男−「助けて」と悲鳴・大阪(時事通信)
歌会始 「光」を題に、皇居・宮殿で(毎日新聞)
野党、首相の資質問う声 検察批判同調「軽率だ」(産経新聞)
<陸山会土地購入>水谷建設社長が辞任 「健康上の理由」(毎日新聞)

<モンキードッグ>“猿害”は犬の力で 深刻な農作物被害で(毎日新聞)

 「犬猿の仲」を利用して、ニホンザルによる農作物被害を防ぐ取り組みが広がっている。農家の飼い犬を訓練し、猿を追い払わせる「モンキードッグ」の導入だ。深刻な悩みを愛犬は解決できるだろうか。【春増翔太】

 昨年11月中旬、山梨県は初めて、モンキードッグの研修会を開き、飼い主約30人と訓練中の犬10匹が参加した。県内の自治体や農協職員ら約50人が見守る中、飼い主に連れられた犬が山に入って30分。「キーキー」という鳴き声を残し、猿の群れが林の奥へ去っていった。県農業技術課によると、芋類やトウモロコシなど、猿に食い荒らされる被害は年間約7000万円。他の動物による被害が減る中、猿だけは横ばいが続く。人を怖がらず、電気の流れる柵も巧みに避ける。そうした知恵が猿にはあるようだ。

 トレーニングでは、犬に猿のにおいを覚えさせ、猿に気付いたらほえ、追いかけさせる。NPO法人「地域交流センター」(東京都)でインストラクターを務める長野県小諸市の獣医師、山下国広さん(56)によると、犬種は問わないが小型犬は向かない。「愛犬が猿を追い払ったら、思いっきり喜んでもらいます」。飼い主の協力も不可欠だ。同センターの米村洋一さん(66)は「猿は犬自体を嫌うのではなく、犬の攻撃的な行動を警戒するようだ」と話す。

 岩手県釜石市や三重県松阪市などもモンキードッグの訓練を始めた。全国で初めて予算化した長野県大町市は05年以降、毎年3〜4匹を訓練し、現在は19匹が市内各所の畑を守っている。ただし、今のところは劇的な効果をあげていない。「猿は犬のいる畑を避け、隣の畑を荒らす。すべての畑に犬を配置できない」(同市)からだ。攻撃されないと分かれば、猿は犬を怖がらなくなる。木の上で農作物を食べて挑発することもあるという。

 米村さんも「犬だけでは限界がある」と話す。猿は見張りを置くなど組織的に動く。「人と犬が地域全体のチームワークで対抗しないと」。人と犬、柵による対策を組み合わせるなど、猿との知恵比べはまだ続きそうだ。

【関連ニュース】
サル:たき火で暖をとる 冬の風物詩に 愛知県犬山市で
大分・高崎山:ボスザルも政権交代 11年在位ゴルゴ失脚
ニホンザル:のんびり露天風呂 北海道函館
掘り出しニュース:ニホンザル 「健太」大往生、23年間ボスの座守る
掘り出しニュース:ニホンザル:高崎山も政権交代、15代目ボスにタイガー就任

キティの振興券、浅草商店連合会が発売(読売新聞)
<鳩山首相>アフガン支援で日独協力を確認 独副首相と会談(毎日新聞)
慢性期病院の認定審査を開始―日慢協が4月から(医療介護CBニュース)
「ニューロタン」など主要製品の共同販促へ―万有とシェリング(医療介護CBニュース)
対日協調 米は優先 共同声明 普天間を封印(産経新聞)

地検捜索の2社、鹿島と密接=顧問・社長に元幹部−胆沢ダム下請け受注(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件で、東京地検特捜部の家宅捜索を受けた中堅ゼネコン2社に、それぞれ鹿島東北支店の元幹部が、顧問や社長として再就職していることが20日、関係者への取材で分かった。2社は2004年に胆沢ダム(岩手県奥州市)本体工事を鹿島から下請け受注していた。
 同じく同工事を下請け受注した水谷建設(三重県桑名市)の元幹部らは、受注後に小沢氏側に5000万円を渡したと供述。特捜部は、ほかのゼネコンからも資金提供があった可能性があるとみて、鹿島や2社など参入業者から事情聴取している。
 特捜部は13日、政治資金規正法違反事件の関係先として、鹿島の本社や東北支店を家宅捜索。19日には、中堅ゼネコンの宮本組(兵庫県姫路市)、山崎建設(東京都中央区)を捜索した。
 関係者によると、宮本組は、同工事の当時、東北地方の談合仕切り役だったとされる鹿島東北支店元幹部を、08年1月に顧問として採用した。元幹部の自宅も今月13日に捜索を受けた。
 宮本組関係者によると、元幹部はほとんど出勤せず、勤務実態はないという。
 山崎建設は08年に会社更生手続きを開始。昨年5月、専門知識を持つ「事業家管財人」に東北支店長を務めた鹿島元役員が選ばれ、同10月に社長に就任した。山崎建設の広報資料によると、同管財人の人選は同社が進め、最終的に東京地裁が選任した。
 関係者によると元役員は、水谷建設などの下請け受注が談合により決まったとされる03年ごろ、鹿島東北支店長を務め、仕切り役だった元支店幹部の上司だった。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

訃報 田の中勇さん77歳=声優、目玉おやじの声を担当(毎日新聞)
自民党 青木氏が出馬表明 高齢批判に反論(毎日新聞)
寒波 北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析(毎日新聞)
アザラシの子、千葉の漁港に迷い込み保護(読売新聞)
元会社社長不明、公判中の男が「遺体捨てた」(読売新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。